Blog「セントオーガスティンブログ」

【お客様の声】 *愛犬と一緒の結婚式*

皆さまこんにちは☆
いつもセントオーガスティン教会のブログをご覧頂き、ありがとうございます!
 
本日のブログでは、過去に結婚式を挙げられたお客様より届きましたご感想を、
ご紹介させて頂きたいと思います(o^^o)♪
 
 
**********************************************************
 
1005 1008
 
1020 1050
 
アットホームで、スタッフさんと細かな打ち合わせができました。
スタッフさんのおかげでとても素敵な結婚式を挙げることができました。

 
 
 
1095 1157
 
1214 1234
 
犬も一緒に式に参加できたこと、リングドッグができたこと、
担当者さんや他のスタッフさんにも協力して頂けて笑顔あふれる挙式になりました。
 
本当にありがとうございました。

 
 
**********************************************************
 
 
1089 1198
 
本番では、新郎新婦さまめがけて一直線に走っていくリングドッグ君が本当に可愛かったです♡
 
親御様やご親族様など、大切な人に見守られる中行っていただく挙式。
お家でご家族同然に過ごしていているワンちゃんも、出来れば一緒に参加したいな・・・
 
そんな風に思われた際には、まずはプランナーに一度ご相談下さい(o^^o)
ぜひ一緒にご参加頂き、思い出に残る結婚式を行われて下さいね☆
 
 
賢也様、優里様 この度は誠におめでとうございました!
 
また京都にお越しいただく機会がございましたら、
気軽にセントオーガスティン教会まで遊びにいらして下さいませ(^_^♪
 
お2人にお会いできるのを、楽しみにお待ちしております☆
 
*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

ブーケとブートニアの物語

皆さまこんにちは。
いつもセントオーガスティン教会のブログをご覧頂き、ありがとうございます(o^^o)
 
171014 0066
 
結婚式当日。
新郎さまを華やかに、そして新婦さまをより一層美しく輝かせてくれる「ブーケ&ブートニア」
 
「ブーケ」と「ブートニア」は、お揃いのお花で作られた物が多く、ご結婚式当日には新郎新婦さまにセットで身につけて頂きます♪
 
 
161107 0142
 
そもそも「ブーケ」とは、野に咲いていたお花を男性が摘み、花束にしてプロポーズをした事がきっかけとされていて、そのお返しとして、その花束の中から女性が一輪抜き取り、男性の胸元に挿した事が「ブートニア」の始まりと言われています・・・
 
171014 0060
 
そんな素敵な由来がある「ブーケ&ブートニア」。
近年では日本でも、結婚式中に行うブーケセレモニーとして取り入れられる事もございます(^^)/
 
 
171014式 0080
 
新郎さまのご入場時、バージンロードを歩きながらゲスト様から12本のバラの花を受け取り、そのバラを集めて「ブーケ」を作り、祭壇の前で新婦さまのご入場を待ちます。
 
新婦さまがご入場されましたら、新郎さまはブーケを差し出し、皆さまの前でプロポーズを行います。
そして新婦さまはOKの証としてブーケの中から花を1本抜き取り、「ブートニア」として新郎さまの胸ポケットに挿します。
 
170211 1065
 
このようなブーケセレモニーは『ダーズンローズセレモニー』とも呼ばれ、直訳すると12本(1ダース)のバラという意味がございます。
 
12本のバラにはそれぞれ意味があり、『感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠』という、お2人のこれからの結婚生活に大切なメッセージが込められているのです(^_^♪
 
 
また『ダーズンローズセレモニー』は、一般的にはバラが使われるセレモニーではございますが、バラ以外のお花で『ブーケセレモニー』を行っていただく事も出来ます!
 
使用するお花の種類やバラのお色味によってもお花がもつ意味が変わってまいります。
一つ一つ意味を調べて、どのお花を使ってセレモニーを行いたいのか、考えてみるのも良いですよね☆☆
 
 
170531 1332
 
結婚式にご参列頂く、大切なゲスト様にもご協力いただくブーケセレモニー。
新郎新婦さまのお2人だけでなく、きっと皆さまにとっても思い出に残る素敵な結婚式になるはず!
 
ぜひぜひ、お2人にとって思い出のお花などがあれば、ブーケセレモニーを行ってみてくださいね(^o^)/
 
*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

グローブの意味

 

今日はグローブについてのお話したいと思います ;-)

 

結婚式では花嫁はグローブを身に着けていますが、

 

このグローブにはどういう意味があるのかご存知でしょうか?

 

 

0037

 

花嫁がグローブを身に着けるのは、

 

もともとキリスト教では、肌を露出しない衣裳が正装とされているため、

 

少しでも肌を隠すためにキリスト挙式ではグローブをつけるようになったそうです。

 

0059

 

またもう一つは「無垢を表す」という意味も含まれているようです。

 

結婚前の花嫁は無垢で穢れのない存在、そんな花嫁を守り清めるために

 

グローブをつけるようになったとも言われています。

 

0069

 

そして指輪交換の時、花嫁は花婿の前でグローブを外します。

 

これは「これからあなたのものになります」という

 

誓いの意味が込められているそうです。

 

0005

 

結婚式のアイテムってひとつひとつちゃんと意味があるんですね。

 

意味を知るとまた結婚式への思いも変わってきますね。 :-D

 

 

*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-

【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

 

和装で前撮りはいかがでしょうか?

5月になり新緑まっさかり!

セントオーガスティン教会のまわりも緑でいっぱいです(*^-^*)

 

IMG_4031

 

実はこのセントオーガスティン教会のある「りょうざんリゾート」の敷地内には、

「日本庭園」があり、そこでの前撮り撮影もできるんです。

 

IMG_2796

 

人気は和装でのロケーション撮影!

 

0120

 

園内は京都の街並みに比べると、比較的人も少なく

ゆっくりと撮影が楽しめます♪

 

0167

 

前撮りで撮影した写真でウエルカムボードを作ったり、

待合室にアルバムを飾ってみたりと

結婚式当日とは違った雰囲気のおふたりでゲストをお迎えしてみてはいかがでしょうか?

 

 

*********************************************

St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

【コラム】彼と一緒に選ぼう!メンズ衣装の種類

結婚式の衣装というと、つい花嫁様に目が行きがちですが、近年は衣装にこだわる新郎様も増え、衣装の種類や色が豊富になっています。
 
流行を取り入れつつ、彼の好みや個性も出せる衣装選びをしたいですね(^^♪
 
 
■メンズ衣装の種類には、どんなものがあるの?
 
メンズ衣装の種類は大きくわけて5つあります。
 
 
1.タキシード
 
140607式 IMG_0051
 
洋装の定番といえばタキシードで、近年はロング丈のものが好まれているようです。
昼夜問わず着られるのと、体型にかかわらず誰でも着こなせるため、多く選ばれる衣装です。
 
タイやシャツに変化をつければ、フォーマルな式からカジュアルな式まで対応できるのも魅力です。
 
色や柄も豊富で、最近は光沢のある素材が人気。
シルバーのように光るグレーは、黒よりも柔らかい印象になり、かつ上品です。
 
 
2.フロックコート
 
0262
 
格調の高い式で使いたいのがフロックコート。
 
膝まである長いジャケットのフロックコートは特に格式あるチャペルでの式や豪華な披露宴会場でも、その雰囲気に負けない存在感があります。
 
丈の短いショートフロックコートも流行中。
流行りを取り入れたい新郎にはぴったりです☆
 
 
3.モーニングコート
 
正礼装の中でも昼から夕方までに着るのがモーニング。
クラシカルな雰囲気のメンズ衣装で、スタイリッシュです。
 
中にベストを着て、前は短め、後ろが長くなっている独特の形のジャケットは脚長効果ありでスタイルよく見えます。
 
1096
 
ただ、花嫁様のお父様や親戚の叔父様など、年輩者の方が「礼装」として選ぶことが多いので、オーソドックスな黒のジャケットに白シャツだとかぶってしまうことも。
 
ベストやネクタイ、チーフなどで変化をつけて若々しさを出すのがポイントです。
 
 
4.セレモニースーツ
 
カジュアルな式や二次会向けなのがセレモニースーツ。
かといって「仕事着」っぽくならないように形や色、素材などに気を付けましょう。
 
スリムなシルエットや光沢ある素材を選ぶといいでしょう。
さらに中に着るベストやチーフなどの小物で「特別感」を出すとおしゃれです。
 
 
5.紋付袴
 
0019
 
メンズの和装といえば紋付袴。
花嫁様が和装のときは、メンズはこれ一択です。
 
とはいえ、羽織や袴の色は豊富なので選ぶ楽しさがあります♪
 
最も格が高いのは5つ紋の黒紋服ですが、神前式ではない場合やウエディングフォトだけの場合は、明るいカラーにしてみるのもおすすめです◎◎
 
 
■お色直しは何回が多い?
 
披露宴の途中の衣装チェンジ、お色直し。
一番多い回数は「1回」。つまり、衣装を2着着ることです。
 
これは和装から洋装というパターンと、花嫁様が白のウエディングドレスからカラードレスというパターンが多いそう。
 
1347
 
和装から洋装になる場合は、新郎新婦2人ともお色直しが必要ですが、花嫁様のドレスチェンジの場合は、新郎様はそのまま洋装で、ということも。
 
それでも、花嫁様のブーケチェンジに合わせて新郎はブートニアを変更したり、ジャケットの中のベストを替えてみたりと少し変化を付けることもおすすめです◎
 
 
■新婦の衣装とバランスが取れるようにしよう
 
メンズ衣装の選び方のポイントは、ずばり「2人のバランス」です。
 
花嫁様がクラシカルな雰囲気のドレスなのに、新郎様がカラーや柄のタキシードだとしっくりきませんよね。
同じクラシカルな雰囲気にする方がバランスが取れます。
 
カジュアルなレストラン挙式なのに重厚で格式が高すぎる衣装でもおかしいですし、逆に高級ホテルでの挙式なのにカジュアルすぎる衣装でも合いません。
 
花嫁様の衣装、会場の雰囲気、ゲストの顔ぶれなどにも合わせた衣装を選ぶことが大切です。
 
 
160925式 0082
 
近年は、メンズの衣装も黒や白に限らず、グレーやネイビー、ダークブラウンなど色も豊富ですし、ストライプやチェックなどの柄物もあります。
 
また、ネクタイやベスト、チーフなどの小物でも個性を出しつつ、2人の雰囲気に合うものを選びたいですね。
 
 
170722式 IMG_0134
 
花嫁様と同じく、新郎様にとっても結婚式は晴れ舞台です。
 
衣装に興味のない新郎でも「なんでもいい」は困りますし、かといってこだわりすぎて、自分の好みを押し通すのもよくありません。
 
2人の思い出が最高のものになるよう、お互い譲り合いながら、2人が納得できる衣装を選びましょう(o^^o)
 
*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

お母様からのヴェールダウン

先日のブログで「母の日」のお話と「感謝」の気持ちを伝えるという話をさせて頂きましたね。

そんな感謝の気持ちを込めてお母様に「結婚式のお手伝い」をお願いしてみるのはどうでしょうか?

お母様にお手伝いして頂きたいことのひとつに「ヴェールダウン」というセレモニーがあります。

 

1144

 

花嫁がつけるヴェールには魔除けの意味があり、

ヴェールダウンという儀式は、

「新郎のもとに辿り着くまでに花嫁を邪悪なものから守って欲しい」という願いをこめて、

母親が娘に最後の身支度を行うもの。

 

1080

 

産まれた瞬間から見守ってくれたお母様に、花嫁になる最後の仕上げをお願いして送り出してもらう、

そして魔除けとなるベールをおろすというのは、花嫁さまの安全と幸せを願うことを意味します。

 

 

0X8A5656

 

ほんの数秒のセレモニーですが、見てるゲストも感動するワンシーンになります。

是非、結婚式のセレモニーに取り柄れてみてはいかがですか?

 

*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

 

 

 

「感謝」を伝える日

いつもセントオーガスティン教会のブログをご覧下さり、ありがとうございます(o^^o)♪
 
いよいよ5月になりましたね!
春の代名詞:桜の季節も終わり、次の新緑の季節が早くも始まっております。
 
本日の雨で、また木々たちが成長していきそう・・・
緑以外にも、たくさんのお花がこれからどんどん咲いていきそうですね(^_^♪
 
 
IMG_4031
 
さて、5月に入るとイベントが続々とございますね!
 
その中でも気になるイベントは、5月13日の『母の日』
6月には『父の日』もありまして、お母様・お父様へと感謝を伝える日でございます(^^)
 
 
1041
 
日本では5月の第2日曜日が『母の日』なのですが、その起源や日付は世界中で異なるそう。
 
17世紀のイギリスではイースターの40日前の日曜日に「マザーズ・サンデー」という日を設定し、
出稼ぎ労働者たちを母親と一緒に過ごせるように里帰りさせていたという説があります。
 
またアメリカでは、ある女性が亡くなった母の為に「追悼会」を5月の第2日曜日に行なったのが始まりであると言われているようです!
 
 
1479
 
大人になると、感謝の気持ちを伝える事はなんだか次第に照れ臭くなってしまい、
伝える機会もなかなか減ってしまいますよね((+_+))
 
そんな時だからこそ、このような『母の日』等をきっかけに、感謝の気持ちを伝えてみるのも有りですし、
結婚式のご会食・ご披露宴時にも、「花束贈呈」や「お手紙」にて、親御様に感謝の気持ちを伝えて頂く事も出来ます!
 
0715
 
親御様の好きなお色や花材での花束や、花束でなくても親御様の好きな物を贈呈するのも有りです♪
 
また、お手紙を書いたけど読むのは恥ずかしい・・・という方。
そんな時は読まなくても大丈夫!一生懸命書いた手紙をお渡しするだけでもきっと気持ちは伝わります(^^)/
 
 
伝え方はいろいろですが、もうじきやってくる『母の日』や『結婚式』という節目に、改めて感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか?
 
ぜひ皆さまも、この機会に「感謝」の気持ちを伝えてみて下さいね(o^^o)
 
 
*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

【コラム】ブライダルフェアに行く前に決めたいこと&当日確認すること

結婚式の会場選びはとにかく大変!

結婚情報誌を見たり、式場のサイトをチェックしても、どんな場所なのかは

実際に行って見ないとわからないもの。

そんな時は、ホテルや式場のブライダルフェアに行ってみましょう。

会場の雰囲気やコーディネートを見学するだけでなく、演出や料理まで体感できますよ。

 

ブライダルフェアとは?

0219

 

ホテルや会場の雰囲気を体感できるブライダルフェア。

当日は、模擬挙式・披露宴で、新郎新婦がどう見えるか?をゲスト目線で確認できます。

さらに会場コーディネートや装花、テーブルクロス、テーブルコーディネートのパターンや

演出の種類、ドレスや衣裳、料理まで全部見学して、ふたりの結婚式をリアルに想像できます。

 

IMG_0295

 

試着や試食など実際に体験できるイベントが楽しめるある場合も。

また、ブライダルコーディネーターを始め、スタッフにわからないことをすぐ相談できるのも嬉しいポイント。

ある程度、結婚式の予算やゲスト人数が決まっていれば予算の見積もりを出してもらうことも可能。

家に帰って検討材料にできるので◎

 

開催日は週末が多いですが、ホテルや式場によって様々なので、ホームページなどで確認を。

予約が必要な場合もあるので、事前にチェックしておくと安心です。

 

  前日までに決めておきたいこと

ブライダルフェアの前日までに以下のことを決めておくと、挙式のことを具体的に想像できて良いでしょう。

1.      ゲストの人数

招待するゲストの人数を大まかに把握しておきましょう。

その際、家族や親族や友人の数もざっくりと確認を。

 

0275

 

会場見学では、大勢のゲストに囲まれる挙式の場合は大会場を。

家族でアットホームな挙式をしたい場合は小会場やレストランなどを中心に見ると効率的です。

 

2.      挙式の日時

0001

 

具体的な日時が決められなくても、季節と時間だけ決めておくと◎

日中仕事が忙しいゲストがいる場合は、お昼から始まるウエディングだけでなく、

ナイトウエディングの会場も見学しておくといいでしょう。

過ごしやすい、春や秋や土、日、祝日はすぐに予約が埋まってしまうので

早めに予約を入れる必要があります。ブライダルフェアでは仮予約を入れることも可能なので、

希望の場合は早めに予約をしておくと安心です。

 

3.      予算

ふたりの貯金や親からの援助を合計して、大体の予算を決めておきましょう。

スタッフに見積もりを出してもらう時に、予算を伝えると挙式をシミュレーションしやすくなります。

 

  ブライダルフェアに行くときの心構え

<服装>

0402

 

自分は、ニットに膝丈のスカート、彼はジャケットにジーンズなど、

いつもデートに行くような服装でOK!ただし、ホテルの場合はドレスコードがある場合もあるので、

短パンやサンダルなどカジュアルすぎる服装は避けましょう。

ドレスの試着をする場合は、脱ぎ着しやすいワンピースがオススメ。

ナチュラルストッキングにヒールのあるパンプスを身につけておくと試着の時もスムーズです。

ヘアメイクの体験ができる場合もあるので、髪が長い方はおろしておくと良いでしょう。

 

<持ち物>

ホテルや会場では、パンフレットをもらうことがあるのでサブバッグを用意すると◎

ふたりの意見をまとめたノートやメモ帳も持参を。会場の様子や、

ドレス試着した姿をスマホで撮影しておくのも忘れずに。

 

まとめ

0011

 

会場の雰囲気や料理など、結婚式の様々なことを見て、確認しながら

スタッフに相談もできるブライダルフェア。

結婚式をしたいと思ったら、大まかな招待ゲスト人数や時期、

予算を決めてブライダルフェアに行ってみましょう。

具体的に見積もりも出してもらえるので、ふたりの結婚式がぐっと現実味を帯びてくるはず。

週末のデートのついでに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

*****************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

ご入場時の歩き方~ウエディングステップ~

結婚式。
花嫁さまがご入場される時、お父様やお母様と並んで歩いて頂きます。
 
その際、普通の歩き方でご入場するのではなく、
特別なステップでバージンロードを歩く事をご存知でしょうか?
 
その特別な歩き方は『ウエディングステップ』と呼ばれ、バージンロードを一歩ずつ前に進んで頂きます。
 
 
0081
 
右足を出しては左足を揃え、左足を出しては右足を揃える。
この歩き方を繰り返し、花嫁さまは新郎さまの元へとゆっくりゆっくり進んでいきます。
 
 
そんな『ウエディングステップ』は、
一緒に歩かれる方と足並みやリズムを合わせないとなかなかスムーズに進めないような歩き方(^^;)
 
では、どうしてこのようなステップで花嫁さまはご入場されるのでしょうか?
 
 
1084
 
実は『ウエディングステップ』は、
赤ちゃんの頃のよちよち歩きを表現しているのです!
 
「バージンロード」は、花嫁さまがこれまで歩んでこられた「過去」、
「チャペルの扉」は、「誕生」を意味しています。
 
 
扉が開いて最初の一歩目は花嫁さまが誕生した日を表し、
その後の一礼には、「お父様とお母様の子供として生まれてきました」との意味が込められています。
 
そして一歩踏み出していくごとに、一歳ずつ年を重ねてゆきます。
 
 
0085
 
そうして花嫁さまの先で待っているのは新郎さま。
 
お父様から大切なお嬢様を託され、固く握手を交わされてから、新しくお2人の人生が始まっていきます・・・
 
入場する時のバージンロードは「神の前で2人が出会うための道」。
そして、退場する時のバージンロードは「新しい人生の第一歩を踏み出す道」とも言われています(^^♪
 
 
0234
 
花嫁さまが生まれた日、初めてハイハイした日、初めて立った日・・
 
そんなご家族様と過ごしてきたかけがえのないこれまでの日々を、
ゆっくりとかみしめながら当日は歩いてみて下さいませ(^^)/
 
 
*****************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

☆可愛いお客様☆

先日、セントオーガスティン教会に可愛いお客様が来てくれました♪

 

048

 

1歳のお誕生日を迎えたリンちゃんです!

ママそっくりの可愛い可愛いお姫様♪

 

そんなリンちゃんのパパとママは、セントオーガスティン教会で

結婚式を挙げて頂いた時からのお付き合い。

 

0435

 

もう4年も前の事ですが、なんだかついこの間の事のように感じます。

 

そしてリンちゃんとは約1年前からのお付き合いなんです♪

 

~約1年前、2017年2月 ~

0055

 

パパとママが撮影に来てくれた時、リンちゃんはまだお腹の中。

ママのお腹を元気よく蹴るリンちゃんをパパとママは心待ちにしていました(*^-^*)

 

~2017年4月~

0101

 

リンちゃんが産まれて一ヶ月後、

この時はご自宅にお邪魔してニューボーンフォトの撮影。

まだ小さな小さな赤ちゃん。

スヤスヤ眠っているいる姿はホント天使みたいです♪

 

そして

~2018年3月~

042

こんなにおっきくなったリンちゃんにみんな感動♪

まるで身内のような気分のスタッフ達(笑)

 

020

 

恋人から夫婦に、そして家族になっていく姿を

一緒に見ることが出来るって本当に嬉しい事ですね☆

結婚式のお打合せの時にお二人が座っていたソファーに今度は家族で座って頂いてるなんて・・

と喜んでいるスタッフもいます(笑)

またこれからも3人にお会いできるのを楽しみにしていますね(*^-^*)

 

*************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

  • よくあるご質問
  • セントオーガスティンブログ
  • facebook
  • 喜びまでも写したいAtelier Casha