Blog「セントオーガスティンブログ」

【コラム】平安時代の豪快な贈り物の名残り。引出物の由来知ってる?

結婚式の準備をする上で欠かせないのが「引き出物」を考えること。
引き出物とは、ゲストに持ち帰っていただくお土産のことです。
 
どんな引き出物がいいのか、選ぶ前に「引き出物」の由来や歴史を知っておきましょう。
 
 
『 引出物の由来と歴史 』
 
引き出物の由来は、平安時代までさかのぼります。
 
当時のゲストへのお土産は、なんと「馬」でした!
宴会を開いた貴族が庭に馬を「引き出して」見せ、招いたお客さまたちに贈ったことが由来とされています。
 
昔、馬は乗り物でもあり、重要な労働力でもあったので、今でいうと車や大型家電を贈るくらいの豪快なプレゼントだったのかもしれませんね。
 
引き出物は結婚式に参列してくれたことへの感謝を表し、ゲストに家まで幸せを持ち帰ってもらうためのお土産です。
 
IMG_3178
 
ちなみに、旅立ちや新たな門出を祝って贈る言葉や品のことを「はなむけ」といいます。
 
昔は馬に乗って旅立つので、道中の安全を祈願して馬の鼻先を行く方向へと向けたことに由来しています。
馬が由来となっているものは、意外にも多くあります(^o^)/
 
 
平安時代は「馬」が引き出物でしたが、戦国時代は武運が上がるようにと武具が贈られるようになりました。
 
江戸時代に入ると今のような「縁起物」や生活に欠かせないものが選ばれるようになり、今でも定番の「かつお節」も引き出物として使われるようになります。
 
 
IMG_4175
 
それまで結婚式は一部の富裕層だけのものでしたが、庶民も式を挙げるようになったのが明治時代の頃。
その頃は披露宴のお料理の一部を折り詰めにして持ち帰ることが多かったそうです。
 
やはり、普段の食事より豪華なものが出るので、家で待つ家族にも美味しい物を食べてもらいたいという「幸せのおすそ分け」からの習慣でしょう。
 
それからは記念品やカタログギフトなど、それぞれの時代に合った引き出物が選ばれるようになりました。
 
 
IMG_4068
 
『 内祝いとの違いは? 』
 
お祝いごとの時に贈るものでは「内祝い」もあります。
 
引き出物がゲストへのお土産として贈るものに対し、内祝いは幸せや喜びを身内と分かち合うためのもの。
本来は「幸せのおすそ分け」という意味があります。
 
引き出物も内祝いも、出産や結婚のお祝いをいただいたり、披露宴に参列してくれたことへのお返しという意味ではありません。
 
幸せを分かち合う、結婚式に来てくれたことへの感謝や、幸せを持ち帰ってもらう、という意味なので、覚えておきましょう。
 
 
IMG_6105
 
『 引出物の上手な選び方 』
 
引き出物は本来、ゲスト全員に同じ品物を贈るというものでした。
しかし、現在はゲストによって品物を変えて贈ることが主流になっています。
 
お世話になった人には少し高価なものを、年配の方には質を重視したいいものを、同世代には実用的で使いやすいものを、といったように品物を別に考える人が増えています。
 
 
0458
 
また、年配の方や遠方のゲストには手荷物が重くならないようにカタログギフトにしたり、
子どもと一緒に参列してくれた人には子ども用にもプチプレゼントを用意したりと、
ゲストのことをちゃんと考えた心遣いをすることで、引き出物もより喜んでもらえることでしょう。
 
そして、引き出物に欠かせないのが「引き菓子」です。
記念となる品の他に贈るお菓子のことです。
 
かつては紅白まんじゅうがよく選ばれていましたが、
現在はクッキーやマドレーヌなどの焼き菓子が一般的です。
 
特に年輪を重ねたような形で縁起がいいお菓子とされている、バウムクーヘンは人気です!
焼き菓子は生菓子よりも日持ちがするので、ゲストも急がずゆっくりいただけるのがいいですね。
 
 
1_0076
 
他にも気を付けたいのが地域性です。
引き出物と引き菓子にかける合計金額は、全国平均では6500円ほどだと言われています。
 
しかし、地域によって金額は違います。
 
引き出物や引き菓子の習慣があまりないと言われている北海道はかける金額も低く、新潟や愛知のように1万円近くかけるという地域もあります。
 
これくらいでいいか、これくらいしなければと思っている相場が、実は周囲と違っているという場合もあります。
 
披露宴に親戚を呼ぶ場合は、お互いの両親にもアドバイスを求め、考えている品物が高すぎないか安すぎないか、助言をもらうのもおすすめですよ。
 
 
0953
 
引き出物は、ゲストの家族の目にも触れ、品物によっては長く残るものになります。
披露宴の思い出や新郎新婦の印象にもなる大切なものです。
 
新郎新婦の個性が出て、感謝の気持ちを伝えられるものにしたいですね(o^^o)
 
*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************</str

コメント

コメントする



  • よくあるご質問
  • セントオーガスティンブログ
  • facebook
  • 喜びまでも写したいAtelier Casha