Blog「セントオーガスティンブログ」

【コラム】雨が降っても大丈夫!雨でもハッピーなウエディングの演出とは?

IMG_3166
 
『ジューンブライド』という言葉を耳にしたことがありますよね?
「6月に結婚式を挙げる花嫁は幸せになれる」という言い伝えです。
 
でも日本では、6月というと梅雨のシーズンで、当然ながら雨が多くなります。
せっかく晴れの舞台であるウエディングの日が、雨だと少し憂鬱になりますよね・・・
 
梅雨時期に限らず、ウエディングの日に雨が降る確率は決して低くはありません。
 
それでは雨のウエディングでもハッピーになれる方法には、どんなものがあるのでしょうか?
 
 
0318
 
☆ヨーロッパでは結婚式の雨は幸福?!
 
そもそも、なぜジューンブライドという6月が、ウエディングには縁起がいいとされているのでしょうか?
それは、ヨーロッパに起源があるようです。
 
有名なのは、ギリシャ神話に登場する全知全能の神・ゼウスの正妻であるヘラに由来するという説です。
 
ヘラはギリシャ神話では、結婚・出産の守護神とされており、女性の保護神とも言われています。
そのヘラですが、英語名はジュノー(ユノとも読む)といい、英語表記ではJUNOとなります。
 
そのジュノーを祀る日が6月1日であり、結婚・出産の守護神が祀られる6月に結婚式を挙げると、その花嫁は幸せになると言われているのです。
 
ちなみに、英語で6月のことをJUNE(ジューン)と言いますが、その語源はジュノーに由来しています。
 
 
次に、これもヨーロッパの話なのですが、かつて3~5月は結婚をしてはいけないという時期と言われていたそうです。
 
これは、別に神話や宗教的な理由でも何でもなく、単に農作業のピーク時期だったからです。
こんな時期に結婚式があると、農作業の妨げになるということで、結婚してはいけないとされていたのです。
 
これは、日本では12月に結婚式を挙げるカップルが少ない、というのと通じるものがありますね。
 
「師走」という仕事が多忙を極めている時期に、結婚式に呼ばれるのはおめでたいけれど、ちょっと大変というのと同じといえるでしょう。
 
 
IMG_0338
 
話をヨーロッパに戻すと、農作業が一段落する6月に結婚するカップルが多かったことから、この時期に結婚式を挙げると、みんなに祝福されて幸せになるという説もあります。
 
そして、ヨーロッパは日本と異なり、6月が年間を通してもっとも雨が少なく、気候もちょうどおだやかなのです。このため、結婚式を行うには6月がちょうどいい時期と言われています。
 
日本で言えば、春か秋といった感じでしょう。
 
でも、日本でもこのヨーロッパの風習がそのまま輸入されたので、梅雨の時期なのに6月の「ジューンブライド」がよいということになってしまいました。
 
おかげで、梅雨時期でウエディングを行うカップルが減ってしまっていた状況から、一変してウエディングに人気のシーズンとなったのです。
 
 
0017
 
☆雨が降ってもハッピー♪な演出
 
6月に限らず、比較的天候が安定している時期でも当日に雨が降る可能性はゼロではありませんよね。
それなら、雨が降ってもハッピーなウエディングにすればいいのです。
 
例えば、雨をテーマにウェルカムボードをオシャレな傘でデコレートするというアイデアはいかがでしょう。
ガーデンウエディングなら、新郎新婦が華やかなレインブーツを履いて登場というのもおしゃれですね♪
 
式全体のテーマを、雨をモチーフにしたデザインにするといった工夫をすることで、非常にフォトジェニックなものとなりますよ。
 
雨を活かした楽しみ方もあることを覚えておきましょう☆
 
 
雨のウエディングというと、残念、せっかくの日に・・・と、ブルーになりがちです。
 
ですが、雨の日にしかできないウエディングを考えてみれば、ゲストの印象に残るお式にすることも可能です。
 
笑う門にこそ福は来るのです。
雨でも笑顔のウエディングにしましょう!!
 
*********************************************
St-Augustin Chapel -セントオーガスティン教会-
【公式HP】  http://st-augustin.net/
お問合せ&資料請求⇒ http://st-augustin.net/contact.html
アクセス ⇒ http://st-augustin.net/access_company.html
TEL 0120-66-9615
営業時間 11:00-18:00(火曜定休)
*********************************************

コメント

コメントする



  • よくあるご質問
  • セントオーガスティンブログ
  • facebook
  • 喜びまでも写したいAtelier Casha